ニッサン

2016/12/27 08:31:27 | ニッサン
ノートは、ハイブリッドカーの参入により中古車査定が流動的になっています。あなたが現在乗っているノートは一体どの程度の買い取り価格がつくのか、またどうすれば高値がつくのか、ノートの査定価格を上げる方法を紹介します。ノートの主なモデルの査定相場ノートはマイナーチェンジに加えてハイブリッド車も追加されたばかりなので、古いモデルの査定相場は若干下がり気味です。現在の買取価格は次のようになっています。・初代ノート(2004年〜2012年)生産が開始された当初は1500ccエンジンのみで、15S、15E、15S FOUR Vパッケージ、15E FOURなど全部で7つのグレードがあります。【初代モデルの型式...
2016/12/13 08:18:13 | ニッサン
キューブは英語で立方体という意味ですね。その名の通り、広さと可愛らしいデザインで女性にも大変人気のある車なのです。若者に人気のキューブの人気の秘密を探り、中古車市場での買取りにおける相場なども見ていきたいと思います。人気のキューブ、下取りならどうなるの?毎日、街で目にしない日はないと言ってもよいキューブ、そのくらい人気の車ということですね。新車でもどんどん売れているキューブは、中古車市場でも在庫が有り余っています。一般的にいうと、新しく買って乗ってきた人でも、車検のタイミングになると、継続して乗るか、新しい車に乗り換えるかと迷い始めるのではないでしょうか。乗り換えを考え始めた場合、メーカーでの...
2016/11/22 09:11:22 | ニッサン
1990年代は、RVブームに続いてステーションワゴンが流行り、日産ウイングロードもその流れに乗って登場してきた車種です。ウイングロードは、1.5Lから2.0Lまでのエンジンを搭載(現行型は1.8Lまで)、ボディサイズも5ナンバー枠に収まる 小型のステーションワゴンです。初代の登場が1996年〜、2代目は1999年〜、そして現行となる3代目は2005年に、それぞれ発売されました。キャラクター的にも明るくライトなウイングロードは、小型のため取り回しもしやすく、様々な層に受け入れられ、人気を得て来ました。2代目ウイングロード以降は、オーテックジャパンが架装を行なう「ライダー」を設定、エロパーツやビレ...
2016/11/16 11:15:16 | ニッサン
スカイラインは昭和32年に初代が登場したという、とても長い歴史があります。レースで50連勝の快挙を果たした3代目のスカイラインは、知名度は今も色あせていませんが、その後もR32でGT-Rが復活するなど、「最速のスカイライン」はいつの時代も健在でした。各モデルで名車を世に残すスカイラインは、絶版車を求める人も多いため、今も引く手あまたです。このような事情から、中古の買取においても価値が認められやすく、高値が付く傾向にあるのです。スカイライン査定の相場各年代のスカイラインも、グレードや装備により査定価格が様々です。スポーティグレードなどであれば高額買い取りをしてもらうことも可能です。新しめのところ...
2016/11/01 14:39:01 | ニッサン
キューブと聞くと、すぐに思いつくイメージは軽自動車並みにコンパクトな車ということです。軽自動車並みなら、普通車の税金を払うなんてもったいないと思う人もいるかもしれません。でも、この車ってオシャレな所がたくさんあります。名前のイメージ通り、四角い外観に、11種類もあるボディカラー。特に、コンランプラス(2006年限定販売)はイギリスの住宅やテナントのデザインを手掛ける会社がデザインしただけあって、車とはかけ離れた室内となってます。さらに、バックドアが横開きで、後ろにスペースがない時でも開けやすいです。また、はね上げるよりも力をかけなくて済みます。こういうところが女性にとっての心配りと言えます。大...
2016/10/17 10:08:17 | ニッサン
日産セレナといえば、言わずと知れた若者やファミリーに大人気のミニバンですね。5ナンバーであるのに、室内空間はとてもゆったり感じる構造であることや、運転し易さ、シートアレンジができる等、多機能が人気の秘密です。せっかく大事に乗ってきた車なので、ちょっとでも良い価格で買ってもらいたいですよね。セレナは人気があるので、ディーラーに出したとしてもそこそこ高値で下取りはしてもらえるでしょう。しかし、下調べを余りせずにディーラーの話のみ聞いていると、彼らはプロですから、本当の価値に対して安い価格で下取りをされる危険があるといえます。自分のセレナは「事故車」だからとか、「古い年式」だからとか、「それなりの走...