どこよりも日産スカイラインを高価に査定してもらうには

日産車の中でも抜群のネームバリューを持つスカイライン

スカイラインは昭和32年に初代が登場したという、とても長い歴史があります。
レースで50連勝の快挙を果たした3代目のスカイラインは、知名度は今も色あせていませんが、
その後もR32でGT-Rが復活するなど、「最速のスカイライン」はいつの時代も健在でした。

 

各モデルで名車を世に残すスカイラインは、絶版車を求める人も多いため、今も引く手あまたです。
このような事情から、中古の買取においても価値が認められやすく、高値が付く傾向にあるのです。

 

 

スカイライン査定の相場

 

各年代のスカイラインも、グレードや装備により査定価格が様々です。
スポーティグレードなどであれば高額買い取りをしてもらうことも可能です。

 

新しめのところでは、2008年型のV36では、70〜110万円、2007年型のクーペモデルCV36で100万円となり、
人気のSUVテイストが施されたスカイラインクロスオーバーなど、200万円ほどの査定価格で取引されています。

 

「スカイライン」としてのネームが開発後に与えられたというV35型は、2001年〜2007年まで販売が行われた型式ですが、
10〜25万程度の査定価格です。

 

80年代最後から90年代前半を飾ったR32に続いて発売されたR33型は、標準グレードも含めてすべて3ナンバーボディとなった初のモデルでした。
さほど人気を得られなかったモデルではありますが、10〜50万円という査定価格です。

 

 

R34スカイラインがシリーズ中でバツグンの高価買取を実現

 

アテーサ4WDとRB26DETTエンジンを搭載する最後のGT-Rであったことで知られるR34スカイラインが、今もバツグンの人気を誇っています。
GT-R以外は1998〜2001年、GT-Rは1999〜2002年の期間に販売されたモデルで、その販売が終了してから14年が経っていますが、
今もファンの多いモデルです。

 

R34スカイライン専門の買取において、2000年型で30〜40万円の価格がつきます。
ターボ付きのGTでは、50〜60万円という買い取り額です。

 

ご紹介してきたように、長きに渡って販売されてきたスカイラインは、そのモデルやグレードで査定価格に大きな差があります。
また、もちろん車両の内外装のコンディションによっても査定価格はだいぶ変わります。
愛車のスカイラインに少しでも高い買い取り価格を付けるには、2、3社以上の買取専門へ査定依頼をしてみることをお勧めします。
複数のデータを元に、愛車の適正な買取価格を把握できますし、交渉に用いることもできるので有用ですね。

 

>>スカイラインの買取に興味を持たれた方はこちら<<

 

関連ページ

今がチャンス!日産セレナを高価査定して欲しいあなたに朗報!
愛車を高く売りたい方に必見の情報をまとめてみました!
愛車のキューブを査定する前に…。
愛車を高く売りたい方に必見の情報をまとめてみました!
愛車ウイングロードの査定を高くするには
愛車を高く売りたい方に必見の情報をまとめてみました!
日産キューブを高い価格で買い取ってもらうための耳より情報!
愛車を高く売りたい方に必見の情報をまとめてみました!
あなたの日産・ノート、高価買取の秘訣を教えます!
愛車を高く売りたい方に必見の情報をまとめてみました!