フォレスターの買取相場や高価買取の秘訣

フォレスターの買取相場や高価買取の秘訣

スバルは日本での乗用4輪駆動車の先駆けですが、その老舗が放った本格的SUVとして、フォレスターは登場と同時に知名度を瞬く間に上げていきました。
1997年から4代目を数える現行モデルまで、都度進化を重ねていきましたが、登場から20年ほどが経過している車種でもあるので、
今の買い取りの相場や高額査定をゲットする秘訣をご紹介していきます。

 

 

買取でも有利!『本物の価値』があるフォレスター

 

フォレスターは、当時のレガシイ(特にステーションワゴン)人気と、WRCで大活躍をした走りのインプレッサというスバルの2大ラインナップに、
新たにアウトドアの要素を強く表現しながら登場させ、展開されたのフォレスターになります。

 

レガシイやインプレッサには、排気量の小さめなベーシックグレードも用意されていましたが、このフォレスターにおいては、2.0Lもしくは2.5Lのエンジンのみ、
そして駆動方式もAWDのみ、というスペシャルティカーとしての性格付けが歴代モデルで貫徹されているのです。
初代から2代目へと、初めてのフルモデルチェンジがされたのが2002年のことです。

 

このモデルが現在10年落ちとなってきており、査定額を2004年モデルで比較するとこのようになっています。

 

X20 2.0L 16.1万キロ走行 9.0万円
2.0T 8.3万キロ走行 35.0万円
STi 2.5L 5.9万キロ走行 83.0万円

 

X20はNAエンジン搭載の中堅グレードでしたが、街乗りを考慮して全高を抑えたクロススポーツ、ターボ搭載のXT、
そしてインプレッサ譲りの『STi』の順で、査定額が高くなっていきます。

 

フォレスターの2代目モデルでは、『AIRBREAK(エアブレイク)』という限定車も設定されていますが、こ
ちらも2005〜2006年式にも関わらず、まだ20.0〜60.0万円の平均査定額が得られます。

 

このモデルはHDDナビシステムや特別仕様のベージュシートなどで高級感を引き上げた車種でした。

 

3代目となった2011年モデルのフォレスターは、まだまだ査定額も高く、その例は下記のようになっています。

 

2.0XSスタイル 7.3万キロ走行 78.0万円
2.0XS 1.4万キロ走行 139.0万円
Sエディション 2.2万キロ走行 188万円

 

 

下取りは楽だが査定金額が安いのがデメリット

 

新車を購入しようとする際、現在の愛車を下取り車としてディーラーに見積ってもらい、それも含めて新車の値引き交渉を行なってく方がたくさんいます。
これは非常にプロセスとしては楽なのですが、その代償として、実際は愛車を買い叩かれてしまっている、ということに気づきにくいのも現実です。

 

フォレスターの価格を調査したら、2011年モデルは80.0〜130.0万円、2012年モデルは80.0〜160.0万円という買取相場です。
ディーラーが下取り車として見積もる場合だと、買取とは査定基準が違うため、50.0〜110.0万円程度でしか買い取ってもらえません。
その金額差は30.0万円から大きい場合には50.0万円にも及び、買取に出すことが有利なのは一目瞭然です。

 

買い取りをされる場合にもちょっとしたコツがあります。
例えば、自宅の近くにあるからと、1店舗だけに査定依頼を行なった場合だと、これも思わぬ損をしてしまいかねません。

 

そこで使えるのが、ネットを用いた「一括査定」という手法です。
実車を持ち込まずにデータ入力で行なうこの方法で、まずは複数の買い取り業者からの大まかな査定額を取ります。

 

その上で、いちばん高額を付けてくれた買い取り業者へ実車の目視見積を依頼しましょう。
こうすることで、同じ買い取りでも、最大限の金額で愛車を売りに出すことができるのです。

 

>>手軽でカンタンな一括査定をさっそく申し込む<<

 

 

 

関連ページ

インプレッサを査定する時に高く評価されるポイントとは?
愛車を高く売りたい方に必見の情報をまとめてみました!